キリスト教的価値観に基づき、幼児一人一人の人格を尊び、心身共に健康で調和のとれた発達を助長し思いやりのある豊かな心を育む。
聖マリア幼稚園は1958年(昭和33年)3月に聖マリアの無原罪教育宣教修道会のシスター達によって創立されました。本園は、教育基本法の精神に則り、学校教育法に従い、キリスト教精神により幼児を教育し、適切な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とします。クラスは満3歳児から5歳までのモンテッソーリ教育法による混合学級編成の5クラスで、縦割りの自由活動では、モンテッソーリ教具教材を使い一人ひとりの自立を助けます。また、年中・年長の同年齢の横割り活動では体操、音楽、宗教・平和教育を行っています。
“Educar es Amar”
「教育する」ということは「愛する」ということです
聖カルメン・サジェス(聖マリアの無原罪教育宣教修道会創立者)
 
未就園児クラス
行事
一日の流れ
保育内容